霊は怖くありません。
この世には、あの世に行けない不成仏霊がたくさんいます。 成仏出来ない霊は何かしらの思いや念を持っているために 成仏ができません。その思いとは『恨み』『憎しみ』 『嫉妬』『苦しみ』『欲』『悲しみ』などのマイナスの念です。 (そうではない場合もありますが) 霊にも感情があります。人と同じです。違いは肉体があるか無いか の違いです。

人の悪口ばかり言う人には悪口ばかり言う人が集まり、 人を攻撃する人には人を攻撃する人が集まり、 人を支える人には人を支える人が集まるように 霊は同じ感情や思いを持った人に寄ってきます。 中には『この人なら私の憎しみや悲しみが分かってくれる』と 思い、同じ感情を持った人に憑慰します。 憑慰している霊を見れば、その人の『思い』の鏡のようです。 しかしそのままにしておくと危険な場合があるので私はその霊を 呼び、浄霊します。 私は出来る限り除霊はしません。できればこの世にさまよっている霊と 話し合い、納得してもらって成仏してほしいので、長期戦になっても浄霊と いう方法をとります。人間も霊も同じです。違うのは肉体があるか無いかの 違いだけです。だから存在自体を問答無用で消し去ってしまう除霊は 出来るならば行いたくはないのです。どうかご理解下さい。 人間も霊も愛おしいものなのです。しかしこちらの話を一切受け入れられない 強い念を持ち、あまりにも危険な状態にまでなってしまった可哀想な 霊もいます。このようにやむおえず除霊を行う場合もあります。 このように霊のことを少しずつ理解していけば、決して怖いだけの 存在ではないということが分かっていただけると思います。 憑慰している霊はあなたの心を写し出した鏡です。 (全てがそうとは限りませんが) というこは『あなたの心が違う方向に行っていますよ』という サインでもあります。これをチャンスと捉え、プラスに考えて行きましょう。 あなたには幸せに、そして心穏やかに生きる権利があります。